キーファーランド

アクセスカウンタ

zoom RSS スタンド・バイ・ミー

<<   作成日時 : 2006/03/08 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いまさらとやかく言う作品ではないけども、この年になって観るのもまたいいもので。そしてキーファーを好きになってから観るというのもまたいいもので!

これはほんっとに名作だなぁとあらためて思いました。たぶん今同じものを作っても白々しく見えたり、なにか物足りなかったりするかもしれないけど、この時代の映画ってなにか独特の雰囲気がありますね。それもこれもリバー・フェニックスの力なのかもしれないけど。彼の魅力全開の作品ですもんねー。
ラスト彼が消えてゆく映像は今観るととにかく胸が苦しくなってしまいます。リバーって私と同い年なんですよね(ちなみに誕生日も近かった)生きていたら今頃いい男になってたやろうなぁ。もっとたくさんの名作を生み出してたかもしれないなぁ。

そんなリバーの魅力の陰でキーファーも輝いております(当時は全然眼中になかったくせに)

それから、あの曲ね!名曲なので普段の生活の中でも何度となく耳にしてきたけど、やっぱり映画を観た後に聴くのが格別。これぞエンドロールの醍醐味って感じで、余韻にどっぷり浸ることができます。


子供に子供じみたことをするエース
画像



この爪楊枝かなりしがんでたからきっとグニグニ
(欲しいとか変態チックなことは言いません)
画像

爪楊枝くわえながらビールを飲むってちょっと危険。
私ならたぶん爪楊枝喉に突き刺さって倒れてるよ(笑)


ガキんちょに銃を向けられ
画像



たじろぐエース(唾ごっくん)
画像



この借りは絶対返してやる。覚えとけぇー
とガキんちょを脅すエース
画像

ちっとも怖くないよ(笑)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スタンド・バイ・ミー キーファーランド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる